新潟の斧


今日3人目の来訪者の方が、新しい斧を届けてくださった。
新潟県柏崎市 『久八』さんの斧(画像上。下は土佐)。
大差は、まず斧頭の大きさもそうだが、なんといっても柄の曲線か。
まだ、使ってないので何とも言えないが、その外見からハイパワー間違いなし。


薪割り斧の斧頭はある程度の厚みが必要。
その微妙な曲線によって、割れ方が変わってくる。
それと、斧頭全体の重み。
軽すぎると割れないし、重すぎると振るのに疲れる。
この斧は600匁(2.3kg)。
あとは、柄の長さ。短すぎると遠心力がつかず、長すぎると狙いが定まらない。


その3つの要素が一つに交わると、
素晴らしい斧になる。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)