樹種による違い

薪は樹種によって燃え方に少しづつ違いがあります。

大きく分けると広葉樹と針葉樹に分けられます。

 

広葉樹は比較的ゆっくりと燃え、火持ちも良いです。(燠が長持ち)

広葉樹の中にも種類があります。

  • 楢(ナラ)
  • シイの木科、落葉高木
  • 滋賀県で最も多く生えている広葉樹です。火持ちが良く火力も高いです。
  • コナラ、オオナラ、クヌギ、などいくつかの種類があります。
楢(ナラ)
  • 樫(カシ)
  • シイの木科、落葉高木
  • 広葉樹の中ではもっとも火持ちが良く、燠も長く持ちます。
  • シラカシ、アカガシ、ウバメガシなどの種類があります。
樫(カシ)
  • 桜(サクラ)
  • 火持ちはナラよりも劣りますが、香りが良く、煙にもほんのりと桜の香りが残ります。
  • 山桜、ソメイヨシノ、ウワミズザクラなどがあります。
桜(サクラ)
  • 欅(ケヤキ)
  • 広葉樹/落葉高木
  • 火持ちはナラよりも少し劣りますが、独特の香りがあります。
欅(ケヤキ)
  • 雑木(ゾウキ)
  • 広葉樹/落葉高木
  • 上記以外のいろいろな樹種を混合した広葉樹薪です。火持ちの良いものも、少し火持ちの良くないものも混ざります。
  • ツバキ、ヤブニッケ、カエデ、リョウブ、ソヨゴ、シデ、などです。
雑木(ゾウキ)
針葉樹は広葉樹に比べ、火持ちは劣ります。煙と煤はやや多いです。
  • 松(マツ)
  • 針葉樹
  • 滋賀県には多く、アカマツが主です。油分が多く火力が非常に高くなるので、温度の調節には気を付けてください。
松(マツ)
  • 杉(スギ)
  • 針葉樹
  • 滋賀の人工林には多い樹種。広葉樹に比べると火持ちは劣ります。火付きも少しよくないです。
杉(スギ)
  • 檜(ヒノキ)
  • 針葉樹
  • 建築用の柱材に多く使われています。火持ちは杉よりも少し良くて、火付きもしやすいです。
檜(ヒノキ)