保管と取り扱い

当店では、薪の品質に配慮して販売しておりますが、薪という商品の性質上ご留意いただく点がいくつかございます。当店の薪をお求めいただく前に是非ご一読いただきますよう、お願い申し上げます。

当店の薪の乾燥状態について
当店の薪はできる限り、冬の伐採期に伐ったものを6月までに割り終えて、そこから半年から一年天日乾燥させています。割る時期が6月を超えたものは翌年の秋まで乾燥させています。薪は樹種、サイズ別に保管し、伐採の時期と産地が分かるように管理しております。通常の使用には問題ございませんが当店ではすべて自然天日乾燥ですので、薪のサイズや、天候などによって乾燥度合いは一定ではありません。くれぐれもこの点はご留意いただきますよう、お願い申し上げます。
薪の保管のコツ
薪の保管のコツ
薪の保管にはできる限り、日当たりがよく、風通しの良い場所にバラ積みしてください。雨除けは積んだ薪の上側だけで構いません。ダンボール詰めの場合は箱から出して保管してください。箱に入れたまま保管されることはおすすめいたしません。
当店の薪はすぐにお使いいただけるように乾燥させておりますが、もし乾いてない薪を保管されるのでしたら、樹皮を下にして積んでいただきますと乾きが早くなります。
500㎏の薪はおおよそ1㎥の体積があります。
500㎏の薪を高さ1mまで積み上げると、横幅2.5mほどの場所が必要です。
おおよそですので、あくまで目安とお考えください。
 
薪に付く虫について
薪に付く虫
当店の薪は自然乾燥をしてりますので、多少、虫が付着している場合がございます。なるべくブラシなどで払い落としてから出荷したしておりますが、木の中などに虫がいる場合など完全に除去することはできません。虫が少ない薪をお求めの場合は、割ったばかりの未乾燥薪をお勧めいたします。